So-net無料ブログ作成

オリオン座流星群 2013  時間 ピーク 観測 画像 [自然]

オリオン座流星群が2013年10月21日、活動のピークを迎える。雲や月明かりの影響で、観測が難しそうな地域もあ

るが、観察時間帯は23時頃から明日の明け方。なるべく月が視界に入らず&市街地でない方向の空を広く

見渡して眺めるのがよいそうだ。

ウェザーニューズでは、21日夜から22日早朝は広いエリアで観測チャンスがあると予測している。特に西日

本の太平洋側は「バッチリ見える」と予想。一方、北海道などでは雲が広がり、星空が隠れてしまうため観測

は難しそうとのことだ。

関東や東北などは「チャンスあり」の予想だが、日本海側ほど雲が多めの空なので、流星を見つけるには根

気が必要とのことだ。

ちなみにオリオン流星群とはオリオン座流星群(オリオンざりゅうせいぐん)は明るい流星群のひとつで、毎年

10月19日から23日の間に東の空で見られる。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。母

天体はハレー彗星で約3000年前のハレー彗星の塵によるとのこと。

1021.png

みなさんも今晩夜空を見上げてみてはいかかがでしょうか?










.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。